社会

2011年6月15日 (水)

空気の変化

菅政権の退陣を喜ばない人はきっといないが、惜しむべきは反・脱原発のトーンが政権交代によって大きく和らいでしまうことが必至であること。

虎の尾を踏む所か引っ張って、喧嘩して、従えようとした人は、間違いなく、巨大な力によって、あっという間に、権力の座から引きずりおろされようとしている。

それをただ喜んで見ているだけではいけない。以下の記事にあるような根本的な問題点から議論が始まっていかねばならない。

原発依存を助長する日本の文化
In Japan, a Culture That Promotes Nuclear Dependency

2011年5月28日 (土)

原発

転換期を迎えた日本の原子力政策。喉もと過ぎて熱さ忘れては絶対にいけないのが、今回の原発事故である。私は日本の原発政策に反対である。原発を日本に導入した人たちは、当時の時代背景もあろうが経済優先で、根本的な安全性はもとより、日本の地理的条件をよくよく考えずに、原発推進を決定をしたのだろう。アメリカ、フランス、ドイツ、イギリス、ロシア-現在の原発技術を確立し、推進するいずれの先進国をみても、日本のように地震が、大規模な地震が、頻発する国はない。原発は、安定したプレートにのっかった国が行使すべき技術なのだと思う。

原発に反対する技術者が直面する課題は、現在の電力需要の2-3割を引き受ける原子力発電をいかに置き換えるかである。仮に置き換える技術があり、置き換えるという決定が下されたとしても、この先10年単位で時間のかかる作業である。であるからこそ、いま、人々がまとまって、原発に対してNOを唱えていく必要があるのだと思っている。

以下のリンクは、
2011年5月23日参議院行政監視委員会における小出裕章氏の発言の文字おこし

小出さんは、原子力工学科2年生の時に「原発政策をやめさせるために原子力について学ぶ」と決心して以来、一貫して、反原発を唱えてきた人であるという。かような人の言動が、メディアを通じて、もっと一般に広く伝わってくれることを願うばかりである。

2011年3月 2日 (水)

NZメディアに寄せられた震災被害者の父親の手紙と

クライストチャーチの地元紙The Pressに寄稿されたとみられる、震災被害者の父親の手紙が今日付けのstuff.co.nzに載っています。

父より、心からのありがとう

この方の娘さんは、地震発生当時にいたとみられる崩壊したCTVビルの語学学校からいまも救出されてません。手紙には、この方が娘さんの無事を信じて日本からニュージーランドに渡って以降、現地で受けた様々な支援や励ましへの感謝の想いが英語で綴ってあります。自らが絶望の底にあるのに、地震発生からずっと現場で作業に当たっている人たち、様々なかたちで被災者の支援に当たり苦心している人たち、山ほどある課題への対応に追われる行政関係者など、他者を思い遣るその優しさと寛容さに胸うたれます。不運な自然災害に対して尽力しておられるとくにニュージーランド人がこの手紙を読んだら少しでも救わた想いがするのでは。

こちらは、足を切断しても生きていくことを選んだ19歳の少年の記事。強い子だなと思います。

日本人、救出作業自力で


一方、現地の空気が読めない日本のメディア関係者の失態も報じられてます。

日本人報道関係者5人、強制退去

 

2011年2月26日 (土)

2011.2.22クライストチャーチ大震災

ニュージーランド南島の最大都市クライストチャーチ圏で2月22日、午後12時51分に起こった大震災は、26日午後8時現在で死者145人、不明者200人以上というこの国の自然災害史上最悪の被害をもたらし、都市部の6割の世帯はいまだ水道供給なし、25%の世帯が未だ停電している(現地時間)。

stuff.co.nzの更新情報(Christchurch地元紙the Pressの親会社が運営)
http://www.stuff.co.nz/national/christchurch-earthquake/4698487/Christchurch-quake-at-a-glance

地震の規模はM6.3、震度にして6強から7とされる。震源地の港町Lytteltonはクライストチャーチ市中心部から南に10kmと近く、震源の深さが5kmと浅かったことに加え、昨年9月4日午前6時36分に同市の東10kmを震源に起こったM7.4規模の地震(震源の深さは9km)で地盤や建物が弱っていたこと、今回は真昼の震災だったことなど幾つもの悪条件が重なって、極めて甚大な被害となっている。

地震の報は、北島のTaupo滞在中に聞いた。前回の地震が規模の割に甚大な被害に至らなかったこともあり、今回も似たようなものだろうと当初思ったが、状況は全く違っていた。国営放送のONEチャンネルは地震発生からすぐに現地の緊急中継放送体制を敷き、政府は、75人の死亡と300人以上の行方不明者が確認された翌日、ニュージーランド史上初めての国家非常事態(national state of emergency)を発令した。

地震発生から1、2時間後だったか、テレビ中継で崩れ落ちた大聖堂や全壊したCTVビルの映像を観た妻の両親は思わずアーっと声を上げて、顔面は蒼白、しばらく全く言葉が出ないほどショックを受け、テレビ画面を呆然とみつめていた。われわれも同様だった。

Taupoで過ごした休みは地震の日から4日間あったが、2歳の娘がいてくれたのはみなにとって幸いだった。娘を世話をしている間、娘がにこにこ笑って、騒いでいるあいだは、被災地の人たちの生活、いまだ瓦礫のしたに埋まっている人たち、何日も昼夜交替で救助作業に当たっている人たちのこと、山積みになった復興への道のりの長さなど考えなくても良かったから。

金曜日にTaupoからオークランドに戻り、日本のネットメディアで震災報道を初めてみたときに、この地震が日本にとってもいかに被害が大きかったかを知った。

亡くなった人たち、いまも不自由な生活を送っている人たちと前に言えたことではないとは思うが、大学4回生として来週から始まる新学期に緊張と期待で胸を膨らませていた私にとって、クライストチャーチ市にあるカンタベリー大学の学生のことを思わずにはいられない。震災後、大学は当面の全学閉鎖を告知しており、学生の多くはボランティア組織を結成して、長靴を履き、シャベルを持って、連日、被災地で片付けや復旧の支援に当たっているという。また、授業を受けたくても校舎が破壊されてそれどころではない小中高校の生徒たちのことを思うと気の毒でならない。

学生軍、士気高く

http://www.stuff.co.nz/national/christchurch-earthquake/4706698/Student-army-boosts-morale

今回の地震の被害の大きさだけみても気が遠くなるほどなので、6,437人が亡くなった1995年1月17日の阪神淡路大震災がいかに現実離れしていたか。また1993年7月12日の北海道道南西沖地震では死者・行方不明者が230人、2004年10月23日の新潟県中越地震では69人が、2007年7月16日の新潟県中越沖地震では15人がそれぞれ亡くなっている。日本を離れると、2004年12月26日に発生したスマトラ島沖地震の死者数は22万8千人は思考停止の域。

今回の震災をきっかけに、クライストチャーチの復興に対して日本ができることは何かといった論調が目立ってきている。大震災から復興に10年を要した神戸、近年、度重なる被災を経験した新潟など、役立てる何かがきっとあるはず。

その他のカテゴリー