« 修理1 マルチバンドレシーバー | トップページ

2013年2月14日 (木)

絵本読み

オークランドにある日本語図書館は子どもに読ませたい、一緒に読みたいと思う本がたくさんあって、毎月、まとまった数を借り、楽しませてもらっている。

以下は、3歳の娘に読んで、娘がとりわけ喜んだ本のリスト

図書館は、オークランドでひと月に1回ある3-4歳児を対象にした日本語プレイグループ(親子の会)に合わせた出張貸し出しをしてくれており、一度に10冊まで借りられるため、毎月、上限まで借りて、子どもには寝る前に何冊か読むのが常になっている。多の多くの親と同様、本好きな子どもに育てたいという想いは強いから。

オークランド市が運営する図書館は、当然、日本語の絵本が極めて少ないため、貴重な日本語の絵本を貸してもらえる日本語図書館の存在はとても大きい。オークランドの日本語図書館は蔵書が3000冊あると聞いており、昔から読み継がれているような良質な絵本を数多く保有しているという印象を持っている。

また、図書館の利用を通じて、海外での日本語図書の環境を支援する団体や基金などがあることも知った。例えば30万円分の本を海外の図書館へ寄付する制度であったり、古本の絵本を海外へ発送する運賃を助成する基金があったりする。

当地の日本語図書館をはじめ、こうして志を持って尽力されている方々には本当に感謝している。

« 修理1 マルチバンドレシーバー | トップページ

育児」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!NZでの充実した生活素敵だね!
うちの娘は6か月。いつごろから絵本は読んであげればいいのかな。

おお、サナオさん、コメありがとう
娘さん、六か月ですかあ。まずもっておめでとうございます。
うちは、1、2週間くらいのときから、始めていたと、嫁さんがいってます。
言語については、子どもはすべて聞いているので、何事も早すぎるということはないのでは。ただ、小さいときは、子どもの集中力もあるし、どうしても短い本にならざるを得ないよねえ。けど、そうやって、子どもは少しずつ、本が好きになっていくのでは、と嫁さんもいってます。

ありがとう!
なるほど!
それにしてもトシくんはイクメンでうらやましいわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絵本読み:

« 修理1 マルチバンドレシーバー | トップページ