« 日本へTPPのメール | トップページ | 修理1 マルチバンドレシーバー »

2013年1月30日 (水)

ブログ再開

日本で仕事していたときにお世話になった恩師の後押しもあり、1年と2ヶ月ぶりにブログを再開することにした。休眠中あったこと:

  • 学部生として最終学期となる2学期は超忙しかったが、自分でも驚くほど良い成績で締めくくることができた。
  • 企業がスポンサーとなった卒業研究は、様々な問題点、課題があったものの、通期、実働期間としては3-9月の7ヶ月間のプロジェクトをやり抜き、成果として、試作品およびレポートを完成することができた。(レポートは希望により開示可)
  • 学部の勉強を終えた翌月の12月半ばからオークランドCBDにある医用機器の製造業でProductionの仕事をスタートする。
  • 翌年2月に、この会社と前年、前々年の夏休みにインターンとして働いた併せて2社での就業レポートを大学へ提出、卒業要件である専門に関連した就業経験計800時間を正式に認定された。
  • 年2回ある卒業式のうち5月のはレポート提出の関係で逃したものの、当地で桜咲く10月の卒業式に無事出席、長かった四年間の勉強の末、工学士 Bachelor of Engineering - Honours の学位、資格を手にした。
  • 明けて2013年、就業1年を越えたいまの会社は色んな意味で限界があるため、転職活動を本格化しており、設計者を目指して、引き続き活動している。

専門分野のスキルと経験を欠く大学新卒の就職難は世界的な傾向であるし、日本でもニュージーランドでも雇用環境の厳しさは大きく変わらないと思う。当地の失業率は昨年10-12月期で7.3%、それまでの過去2年間より失業率が悪化しているため、現時点において、若者の失業率は2割を越えていると思われる。設計の仕事に就くのは難しいが、こうした中で、電子機器の製造に関係する仕事を通じて、少なからず経験が積めるのは、ありがたいこと。英語が母国語でない環境ならなおさらである。前向きに、できることを一つひとつ着実に積み上げていかないと。

« 日本へTPPのメール | トップページ | 修理1 マルチバンドレシーバー »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログ再開:

« 日本へTPPのメール | トップページ | 修理1 マルチバンドレシーバー »