« 空気の変化 | トップページ | ブログ再開 »

2011年11月11日 (金)

日本へTPPのメール

ニュージーランド・オークランド大学の学生(工学部四回生)です。TPP交渉参加へ強い反対を意見したくメールしました。

私の両親は新潟で米農家をしており、日本の農産物の競争力が震災と放射能汚染によってここまで不利な状況にある段階でのTPP参加には断固として反対です。TPP参加に伴う関税の撤廃は、窮地にあるわが国農業、農地、ひいては地方経済の弱体化と同義であるからです。

私たちがニュージーランドへ転居したのは2006年1月で、以来、当地でいかに日本のコメが貴重であるか、高い品質と食味にどれだけ価値と人気があるか、また当地で暮らす日本人にとっていかに大切な物であるか身をもって経験しています。日本のコメは、輸送コストの高さから、ニュージーランドで日本米を買うと、日本における市価の3、4倍はするため、一般市民にとっては大変な高級品です。それでも健康で安全な日本食ブームにのって需要は地道に伸びてきていたと聞きます。海外で暮らす息子夫婦と孫に丹精こめて育てたコメを食べさせようと、両親が3ヶ月に1回のペースで新潟のコシヒカリを送ってくれるようになったのは、そうした経済上の理由もあってのことです。新潟から20kgのコメをニュージーランドまで船便で送ると輸送コストは1万2千円ほどになります。両親の手間と郵送費を考えるにつけ、日本にいれば当たり前に食せるものとして認めていたコメが、どれだけ貴重でありがたいものか、われわれ家族にとってはダイヤモンドのように価値あるコメを毎日食べることができることを再認識し、そのつどありがたさと感謝を覚えずにはいられません。新米が送られてくる秋には(当地では夏ですが)、ニュージーランドの美味しい豚肉を使ったトンカツを新米と一緒に味わうのを習慣にしています。原発事故とこれに伴う農産物の放射能汚染がこうしたわれわれのささやかな楽しみにどれだけ暗い影を落としているか、想像は難くないと思いますが、今回の論題から外れるのでこれ以上申しません。

さてTPPに関してですが、私の所属するオークランド大学法学部のジェーン・ケルシー教授がシカゴやリマで行われてきたTPP交渉について、機密扱いの内部資料や議事録を含めた内容を検討し、これに対する意見を「TPPウオッチ」の中で、逐次、一般に公開しています。氏は地域経済保護の観点からTPPに反対しており、TPPウオッチの中でTPP交渉がいかに不透明なプロセスであるか詳細に記しています。またニュージーランドにとって大きな点は、米国の製薬会社への便宜を図ることと引き換えにニュージーランドの最大企業であるフォンテラが乳製品(粉ミルク)を米国市場で売りやすくすることに交渉の価値があり、反面、こうした大企業へ手厚い便宜がローカルに展開するビジネスにとって不利益につながることを警戒しています。

氏は今年7月に日本を訪れ、有識者、市民と意見を交換した経緯から「日本のTPP参加は、(当時の菅政権にとって)政治的自殺である」と述べています。以下にTPPウオッチのウェブサイトから文章を転載しました。

長くなりましたが、私の想いは、草の根の政治活動で知られる野田首相に、民意を無視した日米の政治決着という安易な決断がいかに危険であるか、いまいちど考えて欲しいということ。そしてTPP参加表明を取りやめてもらえることを切に願っています。

Japan in no state to join Trans-Pacific Partnership talks says academic

Media Release: Jane Kelsey. Tuesday 19 July 2011

‘Japan is in no state politically, economically or psychologically to join the Trans-Pacific Partnership negotiations’ according to Professor Jane Kelsey, who has just returned from a lecture tour on the TPP in Japan.

Professor Kelsey was invited to Japan by the Conference to Comment on the TPP. Its members include a group of parliamentarians from the ruling Democratic Party of Japan who aim to promote public debate over Japan’s proposed participation in the deal.

Prime Minister Kan and his Cabinet put the decision on hold in June, following the devastating tsunami.

During the three-day tour Professor Kelsey delivered public lectures to full venues in Sendai, Sapporo and Tokyo and held briefings with numerous politicians, sectoral representatives and media.

‘Opposition to the TPP in Japan is often simply dismissed as protectionism and Japanese refusal to confront the realities of the 21st century. Yet everyone I spoke to was realistic about the challenges facing Japan and absolutely focused on the future’, according to Professor Kelsey.

‘The triple catastrophes of the earthquake, tsunami and nuclear power plant meltdown have focused people’s minds on recovery. The prospect of a TPP-driven economic experiment is terrifying, especially when it would be dominated by the interests of US corporations.’

One example was the proposed special regulatory zone in Sendai where a commercial fishing quotas system involving foreign corporate fishing operators is being promoted to replace the devastated traditional fisheries.

‘People fear that a TPP would lock in those changes and guarantee foreign investors rights and enforcement options at the expense of the local fishing community who has been left with nothing.’

There were equally strong concerns about the future of Japan’s public health care system, which has some similar issues to those involving Pharmac; the long-standing goal of US corporations to increase their grip on Japan’s partially privatised postal, banking and insurance system; and how more big-box department stores like Wal-Mart would further undermine the sustainability of local shops and markets.

‘It is widely recognised that the Kan government’s main goal in joining the TPP talks is to implement its hugely unpopular liberalisation and deregulation programme through the back door and lock it in to prevent a future government from changing tack. Given his fragile grip on power amid a growing controversy over the TPP, a decision to join the talks would be political suicide’, Professor Kelsey observed.

ENDS.

« 空気の変化 | トップページ | ブログ再開 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本へTPPのメール:

« 空気の変化 | トップページ | ブログ再開 »