« NZメディアに寄せられた震災被害者の父親の手紙と | トップページ | 震災、東京に住む友人からのメール »

2011年3月 5日 (土)

新学期

新学期がいよいよ始まった。大学四年目の一学期は2/28から6/27まで、履修する科目は以下の四科目。

1研究課題A                   (ELECTENG401A)
2電力系                        (ELECTENG411)
3制御系                        (ELECTENG422)
4パワーエレクトロニクス   (ELECTENG414)

1の研究課題は、一学期がA、二学期がBとなっており、A、Bの二科目を続けて履修することで通年で一つの研究課題に取り組む。私の研究は、主にパワーエレクトロニクスを用いたコンプレッサの力率改善がテーマ。

4のパワーエレクトロニクスは、IPTという非接触でかなり大きな電力を送電する技術とDCコンバータについて主に学ぶ。この大学は、IPTの先端研究で世界に知られている。IPTを利用すると、例えば、電気自動車が充電スタンドに入った時に、プラグを差し込まずとも、非接触で、充電するといったことが可能になる。原理は、電動ハブラシや接点のないケータイの充電器と一緒だが、より大きな電力を送電できる技術の実用化が進んでいる。

授業の構成は、半分が講義、半分がプロジェクト。プロジェクトは、田宮模型のRCカーを改造してIPTのサーキットを走らせるというもの。二人一組でIPTの回路とDCコンバータの回路を製作し、それら回路をRCカーに組み込んで最終的なデモを行う。デモはRCカーを実際に全長15mほどのサーキットで走らせスピードを競う。優勝者にはNZ$200のおまけもつく。私が入学して以来、毎年6月に学内でこのレースが行われており、当初は、「いい学生がRCカーレースなんぞに熱中して」と冷ややかに見ていた時もあったが、いざ当事者になってみると、学生たちがいかに大きな課題に取り組んでいたか分かる。大変だが、とても楽しみにしている科目である。

« NZメディアに寄せられた震災被害者の父親の手紙と | トップページ | 震災、東京に住む友人からのメール »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新学期:

« NZメディアに寄せられた震災被害者の父親の手紙と | トップページ | 震災、東京に住む友人からのメール »